Windows 11のエクスプローラーの基本/基本操作を説明します

TOP > Windows 11の基本/基本操作 > Windows 11のエクスプローラーの基本

Windows 11のエクスプローラーの基本

Windows 11のエクスプローラーは、デザイン(UI(User Interface))が変更されて斬新になり、使いやすくなっています。

Windows 11のエクスプローラーを開くと次のように表示します。特徴的なのが「リボン」が無くなっています。リボンの代わりに「ツールバー」により、ファイルやフォルダーの基本操作(切り取り、コピー、貼り付け、名前の変更、共有、削除)が出来るようになっています。フォルダーのアイコンは新しいものになっています。

エクスプローラー

フォルダーを右クリックすると次のように表示します。

フォルダーを右クリック

ファイルを右クリックすると種類により異なりますが、次のように表示します。Windows 10と同様に表示させるには「その他のオプションを表示」をクリックします。

ファイルを右クリック

Windows 10のファイルの右クリックと同様の表示をします。

ファイルの右クリック

TOP